31日間無料トライアル実施中!


『スポーン』(映画リブート版)ネタバレやあらすじは?キャストや過去作の評価・結末も!

アメコミの人気作「スポーンリブート版」の製作が発表されました。

1997年に公開された映画「スポーン」から20年たっての製作に
ファンは期待と不安を抱えながら情報を待ち望んでいますよね。

今回は「スポーン」のネタバレやあらすじ、そしてキャストの紹介、
前作「スポーン」評価などを紹介をしていきます。

Sponsored Links

「スポーン リブート」ってどんな映画?

CIA特殊工作員アル・シモンズは、妻との穏やかな生活を望み、
CIAのキャリアに幕を引こうと、最後の任務に就いていました。

任務完了かと思った間際、彼の上司であるウィンに裏切られ、
体に火をつけられ、焼き殺されてしまいます。

この事件の糸を引いていたのが地獄の王マレボルギア。

地獄に堕ちたアルはマレボルギアと対面し、
「お前の魂を差し出し、地獄の軍団を率いるのであれば、
もう一度妻に会わせてやろう。」と言われます。

アルはその条件を受け入れ現世に戻りますが、
地上では既に5年の月日が流れていました。

そのうえ自分は火だるまになった時の焼け爛れた姿、
そして人を超越したパワーを持っていました。

妻ワンダは親友のテリーと再婚し、子供までいました。

アルは絶望と怒りから、自らを破滅させたウィンに復讐を誓います。

ネタバレ

リブートとは「再起動」という意味です。

「リメイク」と異なるのは、過去の作品とは一線ひいて、
作品の主要部やコンセプトだけ生かしつつ、
整合性など気にしないでシリーズ作品製作しました、という感じでしょうか。

先に紹介したあらすじはいわゆる「オリジン」で
スポーン誕生の話です。

今作「スポーンリブート版」ではこの「オリジン」部分が
かなり省略されるそうです。

謎が多い主人公としてスポーンを描くそうですが、
すでにコミックや前作でもスポーン誕生は多くの人が知っているところ。

誕生は「秘話」じゃないはずですが、
もしかすると映画の中で明かされる話は、原作とは変更されているかもしれませんね。

そして復讐劇でもあるこの「スポーンリブート」は
R指定ががっつりはいるほど濃厚なアクションシーンが予定されてるそうです。

「ありがちなスーパーヒーロー映画ではなく、
得体の知れないモンスターを描く背筋がゾっとするような作品になる」
と語るのは監督兼原作者のトッド・マクファーレン。

彼は様々なところで、今作に関してコメントを残していますが、
「物語の主役はスポーンではなく、元ニューヨーク市警の発明家
トゥイッチ・ウィリアムスが中心」だとか、
「キャラクター以外は完全オリジナル」などともコメントしています。

もう、熱心なファンからしてもよくわからない、というのが本当のことのようです。

とにかく、過激なアクションとグロテスクな映像が続きそうな、
ダークヒーローファンは見逃せない映画になりそうです。

Sponsored Links

キャスト紹介

とは言っても、現在発表されているのはスポーン役のみです。

このキャストには多くの賞賛があがっているようです。

ジェイミー・フォックス(スポーン役)

まずはジェイミー・フォックスの簡単なプロフィールから。

1967年12月生まれの現在50才、アメリカ出身の俳優であり、ミュージシャンです。

3歳からはピアノを習い、高校時代にはアメリカンフットボールでも活躍し、
大学では音楽を専攻、ジュリアード音楽院でピアノも学びましたが、
なぜかいきなり、卒業後にコメディアンとしての道を選びます。

1996年から2001年までコメディ番組「ザ・ジェイミー・フォックス・ショー」に出演し、
この間に幅広く人気を集めることになります。

2001年には映画「アリ」で実在のボクサーモハメド・アリを演じ、
そして2004年、レイ・チャールズの伝記映画「Ray/レイ」では、
アカデミー主演男優賞を受賞しました。

その歌唱力からミュージカル映画「ドリーム・ガールズ」や
「アニー」などにも出演していますね。

ミュージシャンとしても活動しており、アルバムも過去4作品リリース、
カニエ・ウェストやT.I.などとのアルバムにも参加しています。

多彩な才能があるジェイミーがどんなダークヒーローを演じるのか楽しみです。

映画作品
・1992年 トイズ
・1996年 好きと言えなくて
・1997年 ダブル・デート
・2000年 ワイルド・チェイス
・2001年 ALI アリ
・2003年 シェイド
・2004年 コラテラル
・2004年 Ray/レイ
・2006年 ドリームガールズ
・2009年 路上のソリスト
・2012年 ジャンゴ 繋がれざる者
・2014年 アメイジング・スパイダーマン2
・2014年 ANNIE/アニー

Sponsored Links

過去作の評価・結末は?

View this post on Instagram

SPAWN (1997) 20th Anniversary Sutr : Mark AZ Dippe Pemain : Michael Jai White, John Leguizamo, Martin Sheen, Theresa Randle, Nicol Williamson, DB Sweeney, Melinda Clarke Genre: Aksi Tagline: Born In Darkness. Sworn To Justice. Rilis : 31 Juli 1997 Rilis bioskop.INDO : 1997 #pernahmaindibioskop #takterasasudah20tahun #bioskopINDObarat #bioskopINDObarat1997 #pastmoviesbioskopINDO #pastmoviescinema21id Plot: Diangkat dari komik karya Todd McFarlane. Seorang pembunuh (White) yang bekerja untuk pemerintah dikhianati dan tewas terbunuh. Ingin kembali ke dunia untuk balas dendam dan bertemu istrinya; ia bersedia menerima syarat dari Iblis. Sekembalinya di dunia, ia mengalami pertentangan batin untuk tetap menjadi tentara Iblis atau menjadi pelindung dunia dari rencana Iblis dengan penjahat lainnya… What do you think? #spawn1997 #20thanniversary #toddmcfarlane #markazdippe #michaeljaiwhite #johnleguizamo #martinsheen #theresarandle #nicolwilliamson #dbsweeney #melindaclarke #indonesianbioscope @cinema.21 @officialmichaeljai @johnleguizamo

A post shared by bioskop.INDO (@bioskop.indo) on

前作のスポーンは1997年に公開されました。

ストーリーはオリジンメインの話でアル・シモンズをマイケル・ジェイ・ホワイトが、
そしてスポーンをマイケル・ジェイ・ホワイトが演じました。

監督はマーク・ディッペで、
第30回シッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀特殊効果賞を受賞しています。

つまり当時のグラフィックスとしては、高い評価を得たわけです。

評価はどう?

とはいえ、設定のわりにアクションが地味だったとか、
最近見返すとグラフィックスがイマイチなど声ががあがりがちです。

この映画、当時もファンの間でかなり賛否両論だったようです。

しかし、現在も「ダメ」という意見がある中で、
高評価しているファンもいるようですよ。

そして「今のグラフィックスならいける!」
「ジェイミーなら適役!!」と期待する声が多いですね。

結末はどうだったの?

新しい家族を作っていた妻にショックを受け、
スラム地区に居を構えたスポーンは彼を王と慕うホームレスたちを守るため、
マフィアのサイボーグや、天界から送り込まれたアンチスポーンたちと戦うことになります。

天使アンジェラとは敵として相争い、その後は共闘する仲となっていきます。

カリオストロ伯爵という謎の男が現れ助言を与え、
新たな能力を目覚めさせていくスポーンは、
「地球」の意志に触れることで、魔界に属するものではなくなり、
自らの信じる正義に基づいて、罪を犯した魂を殺害していくダークヒーローへ変わっていきます。

そして最後には宿敵のバイオレーターを地獄で倒し、
元妻のいるリビングに戻ってきます。

昔飼っていた愛犬は、姿が変わってしまってもアルを覚えていてなついてきますが、
その時、暖炉からトドメをささなかったバイオレーターが復讐に追いかけてきます。

そして、スポーンはわりとあっさりとやっつけてしまいます。

ラストシーン、スポーンは自分が居住するスラムへ戻り
屋根の上で赤い大きくマントをなびかせながら、闇の中でグリーンの瞳を光らせます。

結末としては地獄の王の手下をやっつけ、
妻とも距離をとりながら和解し、
そして自分が信じる正義のためにこれからも戦っていく。
という感じでしょうか。

今回の「スポーンリブート」が続編扱いになると発表されたわけでもないのですが
冒頭からすでに「スポーン」は「スポーン」として登場するそうなので
イメージとしてはその後のお話なのか、とも思いますね。

Sponsored Links

まとめ

もともとアメコミで人気も高いスポーン。

アニメはもちろん、ノベライズも発売されていて、
熱いファンが多いキャラクターです。

今作は原作者が直接メガフォンをとるので
どういった作品になろうと、今のスポーンの魅力が強く描かれることになりそうです。

撮影は2019年2月から開始されるとかで、公開はまだまだ先になりそうですが
すでに話題の映画として熱をおびてきています。

ファンが待ち望むのはジェイミー演じるスポーンが動く映像。

公開が待ち望まれる作品になりそうですね。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)