100万円の女たち(Netflix)ネタバレやあらすじ!主演はRADWIMPSの野田洋次郎!その他キャストも

皆さんは『100万円の女たち』というドラマをご存知ですか?

『100万円の女たち』は、現在Netflixで配信されています。

主演を務めるのは、『君の名は。』の主題歌『前前前世』で知られるRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎です。

野田洋次郎は、これまでに俳優としても活動しており、賞も受賞しています。

俳優としても評価されている野田洋次郎は、本作ではどのような人物を演じているのでしょうか?

今回は、ドラマ『100万円の女たち』をご紹介するとともに、野田洋次郎の演技の評価もご紹介します。

Sponsored Links

『100万円の女たち』ってどんなドラマ?

『100万円の女たち』とは、Netflixとテレビ東京が協同で製作したテレビドラマです。

2017年の4月にテレビ東京で放送され、現在はNetflixで配信されています。

原作は、青野春秋による同名漫画『100万円の女たち』です。

RADWIMPSの野田洋次郎が主演を務めたことで、話題となりました。

『100万円の女たち』のあらすじ

31歳の売れない小説家・道間慎。

そんな道間は、素性の知れない5人の美女と同居している。

5人の美女は道間に毎月100万円を支払い、道間は美女たちの世話をする。

『100万円の女たち』は、道間慎と5人の美女との奇妙な関係性を描いたドラマとなっています。

ちなみに槙の父親は死刑囚なのですが、その父親とのなんともいえない関係性。

5人の女性達の過去やなんで転がり込んできたのか?

そんな女性達の過去を知りながら、過ごしているときに殺人事件が・・・・。

大好きな女性が殺されてしまう。

果たして犯人は誰なのだろうか?

意外な真相に・・・・。

Sponsored Links

『100万円の女たち』のキャスト

あらすじに続いてキャストをご紹介します。

野田洋次郎(RADWIMPS)/道間慎

本作で主人公の道間慎を演じるのは、RADWIMPSの野田洋次郎です。

2005年5月にメジャーデビューしたRADWIMPSでは、ボーカル・ギターを担当しています。

野田洋次郎は、RADWIMPSの楽曲のほぼ全てを作っています。

また、ギターの他にもピアノ、ベース、ドラム、ヴァイオリンなどの楽器を演奏できます。

音楽活動の他に、2015年には『トイレのピエタ』で映画に初主演しました。

そして、第39回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞しました。

その後も『リップヴァンウィンクルの花嫁』(2016年)『泣き虫しょったんの奇跡』(2018年)などの映画にも出演。

また、ウェス・アンダーソン監督のストップモーション・アニメーション映画『犬ヶ島』(2018年)にも声で出演しました。

本作『100万円の女たち』は、初めてのテレビドラマへの出演となりました。

福島リラ/白川美波

福島リラは、2004年にアメリカへ渡りモデルとして活動し、2011年に帰国しました。

2013年には映画『ウルヴァリン:SAMURAI』で雪緒役に抜擢され、ヒュー・ジャックマンと共演しました。

その後は、映画『トワイライト ささらさや』(2014年)や、大河ドラマ『軍師官兵衛』などに出演。

他にも、海外ドラマの『ARROW/アロー』『ゲーム・オブ・スローンズ』にも出演しています。

本作では、道間慎と暮らす5人の美女の1人で高級コールガールクラブの社長・白川美波を演じています。

松井玲奈/塚本ひとみ

松井玲奈は、SKE48のメンバーとして2008年にデビューしました。

選抜入りや、乃木坂46と兼任するなど、人気のあるメンバーでしたが、2015年の8月31日にグループを卒業。

卒業後は女優の道へ進みました。

これまでに、『ニーチェ先生』(2016年)『海月姫』(2018年)などのテレビドラマに出演しています。

本作では、5人の美女の1人、塚本ひとみを演じています。

塚本ひとみは、陽気な26歳。

ヨガを日課としています。

我妻三輪子/小林祐希

我妻三輪子は、ファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルとしてデビューしました。

2005年から2007年までは、アイドルグループ「9nine」のメンバーとして活動していました。

現在は女優として活動しており、これまでに『苦役列車』(2012年)『ヒロイン失格』(2015年)などの映画に出演。

テレビドラマでは、『1リットルの涙』(2005年)『らんま1/2』(2011年)、そして朝ドラ『とと姉ちゃん』(2016年)などに出演しています。

本作では、既婚者でありながら道間慎らと同居している小林祐希を演じています。

武田玲奈/鈴村みどり

武田玲奈は、2014年に「Popteen」のレギュラーモデルとしてデビューしました。

2015年には『暗殺教室』で女優デビューをしました。

また、同年には『監獄学園-プリズンスクール-』で初めての連続テレビドラマへのレギュラー出演を果たしました。

現在までに、映画『人狼ゲーム インフェルノ』(2018年)やテレビドラマ『マジで航海してます。』(2017年)などで主演を務めるなど、女優として活躍しています。

そんな武田玲奈が本作で演じるのは、道間慎らと同居する17歳の女子高生・鈴村みどりです。

新木優子/開菜々果

新木優子は、2008年に『錨を投げろ』で映画デビューしました。

2014年からは「non-no」の専属モデルとなりました。

これまでに『重要参考人探偵』(2017年)『トドメの接吻』(2018年)などのテレビドラマでヒロインを務めてきました。

テレビドラマだけでなく、『あのコの、トリコ。』(2018年)などの映画や「午後の紅茶」などのCMにも多数出演しています。

現在、人気・実力ともに優れている若手女優の1人です。

そんな新木優子が本作で演じるのは、20歳の女優・開菜々果です。

Sponsored Links

野田洋次郎の演技の評価は?

ミュージシャンでありながら、『トイレのピエタ』で第39回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞している野田洋次郎。

本作での演技はどのように評価されているのでしょうか?

そこで、野田洋次郎の演技への評価の声を調べてみました。

野田洋次郎の演技は比較的に好評のようです。

しかし、一方で次のような声もあります。

プロの役者による演技らしい演技ではなく、自然体な演技が評価されているようです。

野田洋次郎は音楽活動だけでなく、俳優としても活躍していて、多才ですね。

このように多才な人物が増えると、良い作品も多く生まれてくるのではないでしょうか。

これからも活躍し続けて欲しいですね。

Sponsored Links

まとめ

『100万円の女たち』はRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎が主演するドラマです。

野田洋次郎は、これまでに『トイレのピエタ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

本作においても、比較的高く評価されていました。

RADWIMPSの音楽を聞いたことはあっても、野田洋次郎の演技をみたことがないという方もいるでしょう。

そんな方々は一度、野田洋次郎の演技する姿を見てみるのもいいのではないでしょうか。

本作は現在Netflixで配信されています。

気になった方はチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)