スポンサードリンク

十二人の死にたい子どもたち(映画)8番タカヒロ役萩原利久の演技評価や経歴まとめ!

人気小説か、冲方丁が原作を書いた、現代が舞台のミステリー作品『十二人の死にたい子どもたち』。

出演者たちが有名な俳優・女優さんたちから、これから話題になってくるであろう、若手の登場でSNSでは公開前から人気が!

今回は8番「タカヒロ」役を演じる、萩原利久をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

萩原利久さんプロフィール

名前萩原利久
出身埼玉県
生年月日1999/02/28
身長176cm
血液型A型
特技バスケ・HIPHOP

2008、9歳のころから子役して活躍してみえ,

現在は俳優として数々のドラマなどに出演しています。

子役時代の出演作は?

9歳でデビューした当初は

「LEGOブロック」のCMに出演も。

そして、多くの人の目に留まったのが、

「めちゃイケ」で岡村さんがプロデュースした

グループ「おかレモンJr」の一員だったのです!

当時、おかレモンのグループには、個性的な

子供たちが多く、萩原さんは埋もれていたそうです。

岡村さんは、そんな萩原さんを見て、

「目立ってないやつ」と呼ばれていたとか。

今の萩原さんを見たら、きっとびっくりしますね!


そして最近では、

「暗殺教室」「ちはやふる」「帝一の國」

「あゝ、荒野」といった映画に出演。

特に同じ事務所の先輩である菅田将暉さんとは

子役時代から仲良くしているそうですよ!


最近の出演作は?

また最近のドラマでは

「あなたには帰る家がある」で、茄子田先生の息子役を

「グッド・ドクター 」第7話では、車イスの高校生役を

演じていたので、思い出す人もいるのでは?

どちらも口数は少ないけど、心の底にある

優しさが隠しきれないような性格を演じていましたね!


Sponsored Links

『12人の死にたい子どもたち』の8番目タカヒロは?

今回は映画『12人の死にたい子どもたち』で、

8番のタカヒロを演じています。

今回はそのタカヒロの性格について

まとめています。

タカヒロは昔から吃音

(言葉が円滑に話せない障害)を

抱えた男の子となっています。

自分が話すと周りが注目することを

わかっているので、吃音の方たちは

あまり口数が多いほうではない、と

聞いたことがあります。


タカヒロは幼いころわがままをよく

いう子で、そのたびに母は叱って

病院に連れていきました。

それが原因で、今も薬を常用していて

副作用で常に眠たくて、夢の中にいるような

ぼんやりした生活を送っています。

そのため「深い眠りにつきたい」

という願いから自殺をしようと

試みるのです。

監督からは

「難易度の高い芝居をみごとに

演じてくれた有望な若手」

というコメントもあり、子役時代から

培ってきた演技力が十分に発揮された

作品となることでしょう。

Sponsored Links

まとめ

幼いころから子役として出演を重ね、

有望な役者としてさらに多くの方の

目につくことになります。

映画を見て、その演技力をしっかりと

見ておきたいですよね!

映画の公開とても楽しみです!

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)