31日間無料トライアル実施中!


『羊の木』映画のネタバレや感想は?あらすじや錦戸亮の最終の結末とは?

来年2018年2月3日に『羊の木』が公開されます!

錦戸亮さんが主演の本格ヒューマン・ミステリー。

その他にも個性派俳優達が顔を並べます。

錦戸亮さんというとなんか感動系、恋愛系、ヒューマン系のイメージが強いのですが、サスペンス系はまた新鮮ですね。

今回はそんな『羊の木』についてご紹介します。

Sponsored Links

『羊の木』はどんな映画?

まずは気になる予告動画をどうぞ!

たたみかけるような様々な台詞が全編を通して緊迫感を演出しています。

また、色鮮やかさを抑えた映像が醸し出す不気味さもとても良いですね。

まず犯罪者を受け入れる地域という設定がおもしろいです。

誰も彼もが怪しくて、でも誰を疑えば良いのか分からない、そんなひりつくかんじがたまらないですね。

こんな状況、普通はありえないけども、主演の錦戸亮さんのあまりの普通さに、もしかしたら私の周りでもあるかもしれない、そんな気分にさせられますね。

Sponsored Links

『羊の木』あらすじは?

こんな予告を見せられてはあらすじが気になってしょうがないですね。

簡単にご説明します。

舞台は、ある港町”魚深”。
市役所職員・月末のは、見知らぬ男女6人の受け入れを担当するが、移住してきた彼らは、どこかおかしい。
月末が知った衝撃、“彼らは全員、元殺人犯”。
男女6人は新生活を始め、住民たちは彼らの素性を知らずに交流を持ちます。
月末の同級生で都会から地元に戻ってきた文は、“元殺人犯”の一人である宮腰と交際にまで発展。
不穏な空気が漂うなか、身元不明の変死体が発見され、静かな町の日常が崩れていく様が垣間見えます。(公式サイトより)

原作は、山上たつひこ原作といがらしみきお作画の同名漫画です。

講談社から出版され、少し癖のある画風が特徴的です。

1巻〜5巻まで発売されておりますので気になる方はぜひ一気読みでチェックしてみて下さい!

Sponsored Links

『羊の木』映画版と原作との違いは?結末は?

漫画では11人の受刑者を受け入れるとなっていましたが、本作では6人の元犯罪者。

  • 北村一輝さん演じる杉山勝志
  • 優香さん演じる太田理江子
  • 市川実日子さん演じる栗本清美
  • 水澤紳吾さん演じる福元宏喜
  • 田中泯さん演じる大野克美
  • 松田龍平さん演じる宮腰一郎

この中でも、福元宏喜は実写版のオリジナルキャラクター

予告編ではその目つきと手つきが印象的ですね。

そして、月末が思いを寄せる木村文乃さん演じる石田文も原作にはないキャラクターです。

その他のキャラクターも漫画版とは全く違う設定になっているようです。

登場人物だけでなく、ストーリーも原作とは大幅に変わるようで、なんとエンディングも実写化オリジナル版!

つまり実写化ではあるがもはやリブート版といても過言ではないですね。

原作を読んでいるひとも最終結末が全く読めないというところがまたいいですね。

原作で登場する、恐らく犯人はこの人だろう、という役が本作ではまだ発表されていません!

そのキャラクターは登場するのでしょうか?

キャスト発表もたのしみです。

あとは衝撃と希望のラスト、というキャッチコピーも気になります。

これが今回のオリジナルのエンディングをよりひきたたせます。

監督の吉田大八さんは監督作品としては「桐島、部活やめるってよ」などが有名ですが、小さな人間臭い出来事ややりとりを積み重ねた上で最後に大どんでん返しがある印象です。

実は誰もやっていなかった、もしくは元犯罪者以外の住人が犯人だった、などといった結末だったら面白いかもしれません。

「羊の木」の意味を考えると、鳥肌が立ちますね。

気になる「羊の木」というタイトルですが、これは本作でも使用されている絵画のこと。

JUDYさん(@yourwurlitzer)がシェアした投稿

ヨーロッパに古くから伝わる伝説で、ヨーロッパ人の誤解から生まれたものだと考えられています。

バロメッツという植物から採れる木綿のことを羊毛と勘違いし、「綿の採れる木」を「ウールを産む木」、つまり「羊がなる木」だと解釈し、この伝説が産まれたとされています。

この話が転じて、今では「どこまでも純粋で単純な発想」や「信じること」といった意味を持つそうです。

タイトルの意味を知ると、この映画が単純なサスペンスではなく、人を信じるということについて問いかけていることが分かります。

Sponsored Links

「羊の木」のキャストは?主題歌も!

さて、ここからはキャストについてご紹介します!

月末一役は錦戸亮

実は原作漫画では主役ではないのですが、本作では彼が主役です。

お人好しな市役所職員、月末を演じる錦戸亮さんは関ジャニ∞として活動しており、ボーカル、ギターを担当。

俳優やタレントとしても大活躍しています。

ジャニーズ事務所所属。

ほんわかした癒やし系の役からバイオレンスな役まで幅広くこなしますが、サスペンスは本作が初挑戦だそう。

また、バラエティーでも持ち前の関西弁を活かし活躍していますね。

石田文役は木村文乃

彼女は元犯罪者の役ではありません!

主人公、月末一が思いを寄せる同級生を演じます。

最近髪型を変えたようで、ショートカットがとても可愛い!!

ショートカット至上主義が一段と強くなりました。

シシドカフカさんもショートにしましたからね。

ほんわかとした癒やし系の笑顔が印象的な女優さんで、最近では日本テレビで放映された「ボク、運命の人です」でヒロインを演じ、話題になりました。

今後は菅田将暉さんと桐谷健太さんがダブル主演する「火花」に出演するなど、今大人気の女優さんです。

宮腰一郎役は松田龍平

月末が受け入れる元犯罪者の1人を演じます。

無邪気で好奇心旺盛な宅配業者として生活しており、木村文乃さん演じる石田文と交際にまで発展するのですが…といった役どころ。

有限会社オフィス作に所属しており、父は俳優松田優作、母は女優松田美由紀、弟は俳優松田翔太と芸能一家です。

映画「散歩する侵略者」や「まほろ駅前多田便利軒」、ドラマ「あまちゃん」や「カルテット」への出演など、話題作への出演が続いていいます。

他にも、

北村一輝さん

優香さん

田中泯さん

細田善彦さん

中村有志さん

安藤玉恵さん

北見敏之さん

松尾諭さん

まだまだキャスト陣は発表中ですので、気になる方は要チェックです!

『羊の木』主題歌は関ジャニなの?

錦戸さんが出演されているのでもしかすると所属している関ジャニが歌うのでは?という予想がありました。

どうも違うようですね。

「羊の木」の主題歌が、ボブ・ディランの楽曲をオーストラリアの鬼才ニック・ケイブがカバーした「DEATH IS NOT THE END」に決定した。

多分これかなと思います。

ちょっとゆったり目の曲調なのもいいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

タイトルの意味や予告動画からも、ひりひりとした空気感が感じられますよね。

ヒューマン・ミステリーというその名に相応しい、しっかりとした人間ドラマが展開されるのではないでしょうか。

原作とは違うエンディングというのも気になるポイント。

漫画ファンも期待できること間違いなしです。

来年の公開前に続々と情報も解禁されますので、お楽しみに!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)