見えない目撃者(映画)日本版のあらすじやネタバレ!キャストやロケ地情報まとめ!

2011年に韓国で公開され、大ヒットを博した映画『ブラインド』。

その日本版となるリメイク作品が2019年9月20日に公開されることが決定しました!

タイトルは『見えない目撃者』、主演は吉岡里帆さんが務めるとのこと。

今回は映画『見えない目撃者』の日本版あらすじやネタバレ、キャストやロケ情報について紹介します。

Sponsored Links

『見えない目撃者』ってどんな映画?

『見えない目撃者』は、2011年に韓国で公開された『ブラインド』の日本版リメイク作品となっています。

メガホンを取ったのは、『リトルフォレスト』シリーズで知られる森淳一監督。

脚本には、森監督と大人気コミックを原作とした実写作品『るろうに剣心』シリーズの藤井清美さんが務めます。

公開は2019年9月20日を予定しているとのことです。

韓国映画 ブラインドの内容を継承しつつ、それをどのように日本風に表現できているか?

期待したいですね。

『見えない目撃者』のロケ地は?

『見えない目撃者』のロケ地についてはまだ情報が少ないようす。

日本版リメイク作品であることから、ロケは国外ではなく国内で行われているのではないかと思われます。

詳細については続報を待ちましょう!

Sponsored Links

『見えない目撃者』のあらすじ、ネタバレは?

浜中なつめは警察学校の卒業式が行われた日の夜、自らの過失によって弟を事故死させてしまいます。

さらにその事故によってなつめは失明してしまい、警察官になることを諦めるのでした。

そんな絶望の中で3年が経ったある日、なつめは車の接触事故に遭遇。

車の中から少女の助けを求める声が聞こえ、誘拐事件ではないかと考えたなつめ。

警察に目撃情報として伝えるも、失明しているなつめの情報は信用されず。

捜査は打ち切りとなってしまうのでした。

それでも少女を救いたいなつめは、車と接触したスケボーの少年を探し出し―。

本作は、事故によって視力を失った主人公・浜中なつめが事件を追うサスペンススリラー作品となっています。

「ブラインド」を見た方の感想

あらすじやネタバレ

盲目の女性が命を狙われてしまう、という話でありひき逃げの現場にいあわせてしまったことが原因で犯人に命を狙われてしまいます。

偶然ひき逃げの現場にいてしまったわけですが、まずいことだと思います。

ブラインドは韓国映画ですが、日本映画にもないような面白さがあると思います。
このひき逃げ犯は過去にも事件を起こしているようでその過去の事件についてもどのような事件があったのかと言うようなことが映画で展開されて行きます。

ひき逃げ犯に巻き込まれてしまうと、言うことが日常生活を送っている上で誰にでも巻き込まれてしまうようなことだと思います。
またそのような事件に巻き込まれる可能性と言う事は別に誰だろうとあるわけですから、日常生活において気をつけておく必要があるわけです。
やはり自分だけは安全に平和な生活を送っていくことができるという事は平和な日本に生まれているわけですから勘違いしてしまいかねないことですが、何かしらの事情によって事件に巻き込まれてしまうということがあるわけです。
それは気をつけておく必要があります。

そのような事件に巻き込まれて行かないようにこの映画を見てどのように行動していけばいいのかということも考えさせられるような映画になっているんじゃないかと思います。
映画はただの娯楽作品ではなく、色々と考えさせられるようなないようにしておく必要があると思います。

命を狙われていく過程としては危機迫るような演出がされているのでかなり緊迫した雰囲気を保ちながら見ていくことができます。
見ていくものとしてもかなり緊迫した状況を見ていると言う感じで、映像に引き込まれていきながら見ていくことができます。
またペットを飼っているのですがこちらに対しても見ていけます。
日常生活を脅かされてしまったと言う事は非常に危険なことに巻き込まれてしまったと言うことにもなりますし、最後まで目が離せないような映画になっている事は間違いないと思います。

だんだんこの犯人が過去にも重大な事件を起こしていることを警察も知っていきまたこの女性も知っていくことでさらにこの事件は大きな事件へと発展していきます。
そしてこの大きな事件をどう乗り越えていくかということが課題になっていきます。
この女性にとっても課題になっていきますし、大きな事件になってしまっていく上で自分の命は自分で守ることができるのかということも見ていくことができると思いますし、どのような結末を迎えていくのかと言うことです。

感想

盲目の女性が主人公という時点で見ていけるような映画になっているのではないでしょうか。
不幸な設定と言うことなのでこの時点で一体この主人公が今後さらにどういうことになってしまうのかと言う目線で見ていくと見ていけると思います。

やはり盲目だと言うことを理由に犯罪に付け込まれてしまうと言うのは、非常に良い残念なことだとは思います。

しかしなぜこの女性を狙っているのかということも気になります。
韓国映画は斬新な設定をよく使って映画を作っているのでとても見ていけるような映画が多いです。
韓国映画思いもつかなかったような発想で制作されている場合が多いので、とても見ていけるような内容になっている場合が多いです。
韓国映画ではとても面白く見ていけるようなものがあるかもしれません。
犬が残酷に殺されてしまうシーンなどがありますが、そのようなシーンを我慢すればサスペンス物の映画として見ていける映画なのは間違いないです。

最後の最後まで、どのような展開になってしまうのかと言う事はよくわからないような感じで作られています。
最後まで気を集中させて見ていくことができる映画にできているんじゃないかと思います。

犯罪者に狙われてしまうと言う事は非常に美濃危険を感じることだと思います。
だからといって警察が守ってくれると言うわけではないので自分の身は自分で守ると言うようなことを教えてくれる映画だと思います。

Sponsored Links

『見えない目撃者』のキャストは?

吉岡里帆(浜中なつめ役)

名前吉岡里帆
出身京都府
生年月日1993年1月15日
経歴『あさが来た』

映画のエキストラに出演したことをきっかけとして、女優を目指し始めた吉岡さん。

本格的なスクリーンデビューを果たしたのは、2014年の『マンゴーと赤い車椅子』です。

その後、連続テレビ小説『あさが来た』や長瀬智也さん主演の『ごめん、愛してる」』などに出演。

また、結婚情報誌『ゼクシィ』の9代目CMガールに選ばれ、一躍有名に。

数々のCMやバラエティ番組にも出演しています。

そんな吉岡さんは『見えない目撃者』では、失明した元エリート警察官・浜中なつめを演じています。

吉岡さんは、今回演じたなつめという役は“今まで演じてきた人物の中でも群を抜いて難しい役”と語っています。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、2019年9月20日に公開予定の『見えない目撃者』について紹介しました。

原作となる韓国映画『ブラインド』は230万人もの動員を記録し、ついに日本版としてリメイクされることになった本作。

主演の吉岡さんが群を抜いて難しかったと語る、視力を失った主人公・浜中なつめの活躍に注目です。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)