屍人荘(しじんそう)の殺人(映画)最新ネタバレやあらすじ! タイトルの意味や最後の結末はいかに?

今回紹介するのは、2019年公開予定とされている映画『屍人荘の殺人』です。

映画『屍人荘の殺人』は、『このミステリーがすごい!』大賞、〈週刊文春〉ミステリーベスト10、本格ミステリ・ベスト10、鮎川哲也賞など様々な賞を受賞した、今村昌弘さんのデビュー小説『屍人荘の殺人』を映画化するものです。

今注目の作品『屍人荘の殺人』について、ネタバレ・あらすじ、キャスト、タイトルの意味、最後の結末という観点から紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『屍人荘の殺人』の最新ネタバレやあらすじは?

神紅大学に通うミステリー小説が大好きな大学生・葉村譲(神木隆之介)は、この大学のミステリー愛好会の会長・明智恭介(中村倫也)に無理矢理入部させられ、振り回される日々を送っていました。

そんな二人のもとに私立探偵である同じ大学の剣崎比留子(浜辺美波)が現れます。

3人はひょんなことから音楽フェス研究会の夏合宿で使われることとなった紫湛荘に訪れることになり、そこで想定外の出来事に遭遇し、一同は緊張した空気の中で一夜を明かすことになります。

翌日、密室と化していた紫湛荘で死体が発見されたのを皮切りに連続殺人事件が始まっていきます。

というのが本作のあらすじです。

次にネタバレです。

ネタバレとしてのポイントは3つあります。

1つは「『屍人荘の殺人』タイトルの意味とは?」でも説明をしますが、この物語の最大の特徴・ミステリーなのにゾンビが出てくることです。

主人公たちの泊まる紫湛荘のある地域でバイオテロが発生し、ゾンビが大量に発生したことで主人公たちはそこから身動きがとれなくなるのです。

現実ではありえないこの設定が物語の一番の特徴であり軸となっていきます。

もう一つは殺人の方法です。

こちらもゾンビを存分に利用していくスタイルになっていきます。

例えば、ゾンビに人を噛ませたり、ゾンビのウイルスに感染している血液を人の目薬の中に入れて殺すといった具合です。

そして、3つ目は映画版ではどうなるか見どころなのですが、小説版では序盤のほうで主人公たちがゾンビに追われ紫湛荘に逃げ込む際に明智恭介は噛まれて帰らぬ存在になってしまうという衝撃展開です。

メインキャストを序盤で殺してしまうという衝撃の展開で、映画版でも明智恭介はメインキャストとして紹介されていることからも、どのような展開に持っていくのか楽しみなところです。

結末については、「『屍人荘の殺人』最後の結末は?」にて説明します。

Sponsored Links

『屍人荘の殺人』キャストは?

神木隆之介さん/葉村譲役

主人公の大学生・羽村譲を演じるのは神木隆之介さんです。

神木隆之介さんは、事務所に母が直接応募をしたことにより芸能事務所に所属、1995年にCMでデビューを果たします。

1999年にテレビドラマ『グッドニュース』にてドラマデビューを果たしました。

2001年に映画『千と千尋の神隠し』に坊役で出演し、映画に俳優として出演はしたことのないものの、声優としてはここでデビューを果たします。

2004年に映画『お父さんのバックドロップ』にて宇梶剛士さんとW主演で映画初主演を果たします。

2005年に映画『妖怪大戦争』で主演し、日本アカデミー賞の新人俳優賞を獲得します。

2006年にはドラマ『探偵学園Q』にてドラマ初主演を果たします。

その後も体の成長に応じて数々の作品に出演しました。

2016年、映画『君の名は。』にて主演を務め、声優アワード「主演男優賞」を受賞しました。

他にも、映画『桐島、部活やめるってよ』、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』、『バクマン。』、『3月のライオン』、ドラマ『SPEC』、『刑事ゆがみ』など、数多くの話題作でメインキャストを務めました。

日本を代表すると言ってもいい有名俳優さんですね。

神木隆之介さん公式Twitterアカウント

神木隆之介さん公式Instagramアカウント

https://www.instagram.com/kamiki_official/

浜辺美波さん/剣崎比留子役

ヒロインの女子大生探偵・剣崎比留子を演じるのは浜辺美波さんです。

浜辺美波さんは、2011年に第7回『東宝シンデレラオーディション』に応募し、ニュージェネレーション賞を受賞し、芸能界に入ります。

同年に公開の映画『アリと恋文』にて映画初出演にして初主演で女優デビューを飾ります。

2012年にはドラマ『クルマのふたり~TOKYO DRIVE STORIES』にてドラマ初出演を果たします。

2015年にスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』にてメインキャストの本間芽衣子役を演じて注目を集めます。

2016年、ドラマ『咲-Saki-』にて連続テレビドラマ初主演を果たします。

2017年には映画『君の膵臓をたべたい』でヒロインを演じ、同年に映画『亜人』にも出演したことで日本アカデミー賞の新人俳優賞などを受賞しました。

他にも、映画『となりの怪物くん』、『センセイ君主』、ドラマ『無痛~訴える眼』、『賭ケグルイ』などでメインキャストを演じました。

また、2019年公開の映画『映画 賭ケグルイ』、『アルキメデスの大戦』などにメインキャストで出演することが予定されています。

今引っ張りだこの女優さんですね。

浜辺美波さん公式Twitterアカウント

浜辺美波さん公式Instagramアカウント

https://www.instagram.com/minami_829_gram/

中村倫也さん/明智恭介役

神紅のホームズという異名を持つミステリー愛好会の会長・明智恭介を演じるのは中村倫也さんです。

高校1年生のときに現在の所属事務所からスカウトを受け、養成所に入ります。

2005年に映画『七人の弔』で映画初出演と同時に俳優デビューを果たします。

同年にドラマ『H2~君といた日々』でドラマ初出演、2006年には舞台『黄昏』で舞台デビューを果たしました。

2007年にドラマ『ハリ系』で連続ドラマ初主演を果たします。

その後も様々なドラマ、映画、舞台と幅広い分野での活躍を見せてきました。

2014年には舞台『HISTORY BOYS』にて舞台初主演を果たします。

同年に、第22回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞します。

2015年には映画『やるっきゃ騎士』にて映画初主演を果たしました。

他にも映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』、『孤狼の血』、ドラマ『ホリデイラブ』、『半分、青い。』、『崖っぷちホテル!』などの数々の作品でメインキャストを務め、活躍を見せています。

今勢いのある俳優さんの一人ではないでしょうか。

中村倫也さん公式Twitterアカウント

Sponsored Links

『屍人荘の殺人』タイトルの意味とは?

本作のタイトルは『屍人荘の殺人』です。

タイトルを見てどういうことなんだろうと気になった人も多いと思いますので説明していこうと思います。

主人公たちが殺人事件に巻き込まれる舞台は紫湛荘(しじんそう)です。

これは舞台となる紫湛荘と物語のキーとなる「屍人」というワードをかけているようです。

では、「屍人」とはどういう意味があるのでしょうか。

この物語は「『屍人荘の殺人』あらすじは?最新ネタバレも」で紹介したようにゾンビが出てくるミステリーであるというところが最大の特徴です。

屍人=ゾンビということですね。

タイトルの意味が分かったところでよりどういう物語なのか気になりますね。

Sponsored Links

『屍人荘の殺人』最後の結末は?

ここからはすべてネタバレにあたる内容になりますのでご注意ください。

小説版での犯人の名前は、静原美冬という映研のメンバーの一人でした。

映画版では、映研という設定が音楽フェス研究会に変わっているという具合でしょう。

彼女は女癖の悪い被害者たちに捨てられた自分の先輩の復讐しようとこの部に入部し、合宿に参加していたようです。

最終的に彼女は屋上まで迫ってきていたゾンビたちに噛まれ、屋上から飛び降り、自殺しました。

他に残された生存者たちは政府によって救助されました。

しかし、実は今回のバイオテロには黒幕がおり、その黒幕に葉村譲と剣崎比留子、二人で挑んでいくという続編がありそうなラストだそうです。

映画版でも小説版から大きく展開を変えることはないのではないか、と予想されます。

ただ、まだわからないので、小説版とは違った展開が見れるのか、楽しみですね。

まとめ

ここまで映画『屍人荘の殺人』について、あらすじ、最新ネタバレ、キャスト、タイトルの意味、最後の結末の観点から紹介してきました。

キャストも豪華で、原作もあの有名な『このミステリーがすごい!』大賞などの様々な賞を受賞している注目作ということもあり、気になるポイントが山のようにありますね。

本作は2019年に公開ということしか決まっていません。

これから更新されていく情報をしばし待ちましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)