31日間無料トライアル実施中!


『スマホを落としただけなのに』(映画)最新情報のあらすじやネタバレ!犯人役のキャストは誰?

新人作家志駕晃さん原作の「スマホを落としただけなのに」の公開が2018年11月2日に迫ってきました!

キャストも話題になっていますが、そのタイトルから多くの人が注目しています。

みなさんがお使いのスマホですが落とすこともあるかと思います。

ただ日本は平和なので悪用される可能性が低いのかもしれませんが、この映画は私たちにも起き得る話なのです。

それが北川景子さんを主演にリアルに描かれています。

今回は今作の最新あらすじやネタバレ、犯人役のキャストに迫ってみたいと思います。

Sponsored Links

「スマホを落としただけなのに」ってどんな映画?

麻美が彼氏の富田に電話をかけると、スマホから聞き覚えのない男の声が。

落ちていたスマホを拾ったという男から、富田のスマホが無事に戻ってきましたが、
その日から不可解な出来事が起こるようになります。

身に覚えのないクレジットカードの請求やネットストーキング。

落としたスマホから個人情報が流出したのかもしれない。

麻美はネットセキュリティ会社に勤める浦野に、
スマホの安全対策を設定してもらいますが、その晩、
アカウントを乗っ取られ、誰にも見られたくなかった写真がSNSにアップされてしまいます。

その頃、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかり、
事件を担当する刑事・加賀谷は、犯人が長い黒髪の女性を狙っていたことに気が付きます。

ネタバレ

原作は映画同名小説がデビュー作の志駕晃さん。

2016年の第15回「このミステリーがすごい!」大賞で、最終候補まで残った小説です。

彼氏のスマホを拾った不審な男から、ネットストーキングを受け写真がアップされたり、
不明な着信に悩まされることになります。

予告動画から見ると、彼氏の富田も
強引に他の女性から迫られるところを隠し撮りされて、
その動画がアップされたりしていますね。

予告では麻美の過去は伏せられていますが、
原作では、麻美は昔AV女優をしていたことになっています。

さらに、AV女優をやめてから今の名前「稲葉麻美」を名乗っていますが、
本当の名前は「山本美奈代」、そして本当の「稲葉麻美」は亡くなっている。

という、AVだけじゃない謎が込められているんですね。

どういう経緯で麻美が今の名前を名乗るようになったのか、
また、本当の稲葉麻美はどうして亡くなったのか。

そのあらましがわかるのは、ネットストーキングやなりすましをした
富田のスマホを拾った男が、ついに麻美を誘拐した時です。

麻美は「渚さゆり」という名前でみんなには言えない作品に出演する女優をしていましたが、制作会社のミスで本名「山本美奈代」が流出してしまうんですね。

絶望しました麻美をかばうように、ルームメイトの女性が自殺してしまいます。

それから麻美はそのルームメイトの「稲葉麻美」を名乗り、本名である「山本美奈代」は亡くなったことになり、入れ替ることになったんですね。

その全てを知った犯人は、麻美に興味を持つようになり、さらにその全てを手にいれたいと思うようになるわけです。

連続殺人犯でもあるその男の正体も、原作では麻美を誘拐したところで明かされることになります。

詳しいネタバレならこちらにも書いています。

Sponsored Links

犯人役のキャストは誰?

原作通りなら、犯人役はこの人です!

完全ネタバレですね!

犯人役は成田凌さん、麻美のスマホのセキュリティを強化してくれた友人。

浦野が連続殺人犯、そしてネットストーキングしていた犯人なんですね。

公式のSNSでもフューチャーされることなく、さらりと紹介されていますが、実は一番信頼していた人、自分のスマホをゆだねた人が犯人だったわけです。

そこから麻美の本名や過去などを暴き、麻美の髪に魅せられて浦野はついに誘拐までしてしまうんですね。

この結末は怖すぎです!

ですが、犯人がわかったところで終わりません。

麻美の過去はそこから明かされていきます。

なぜ亡くなった「稲葉麻美」に「なりすまして」生きてきたのか、
そして予告動画では、髪を短くした麻美は線路の上で微笑んでいます。

そして「私が自分で話す」と言う麻美のセリフ。

これってどういう結末なんでしょうか。

推論ですが、予告の短い髪の麻美は
亡くなった本当の「稲葉麻美」なのではないでしょうか。

二人はとても似ているということで、北川景子さんが二役演じているのかも。

もしかすると、原作とはまるで違う結末が待ち受けているかもしれませんね!

Sponsored Links

まとめ

公開が迫ってくると同時に、公式の動画や画像が公開され
原作や、コミックも人気を呼んでいるようです。

もともと人気の小説ですから、犯人や展開などはわかっていることですが、
映画ではそのままのストーリーで展開されるのか、
犯人が原作通りなのかは、公開されるまでわかりませんよね。

今回ももし原作通りなら、誘拐される麻美を演じる北川景子さんは
かなり体当たりな演技になるんですが、
それはさずがにないような気がします。

原作やコミックを読み切ったとしても、
映画ならではの迫力と演出は、見に行ったほうが良さそうですね!

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)