スマホを落としただけなのに2(続編)ネタバレ!あらすじは囚われの殺人鬼のストーリー?

2018年11月公開、主演『北川景子』

邦画実写作品4週連続1位! 興行収入『19.6億円』を記録!

恋人が落としたスマートフォンをきっかけに、

命を狙われる事になるヒロインの恐怖、隠された過去が暴かれていく様子が描かれた。

大ヒット作品『スマホを落としただけなのに』

続編『スマホを落としただけなのに2』映画化決定です!

原作『志駕晃』シリーズ第2弾『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

第1作から、数ヶ月後に起こる新たな事件を描く!

主演『千葉雄大』×『成田凌』

解決したはずの連続殺人事件から数ヶ月後。

同じ現場から新たな死体が発見される。

過去にトラウマを持つ刑事『加賀谷学』

真相を探る為に、自身が逮捕した連続殺人鬼『浦野善治』のもとへ

新たなネットの闇の存在を知る!

スマホを落としただけなのに2(続編)ネタバレ!あらすじは囚われの殺人鬼のストーリー?

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『スマホを落としただけなのに』ネタバレ・あらすじ

彼氏の『富田誠』に電話をかけた『稲葉麻美』は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に言葉を失った。

たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、富田のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に不可解な出来事が起こるようになる。

身に覚えのないクレジットカードの請求や、SNSで繋がっているだけの男からのネットストーキング。

落としたスマホから個人情報が流出したのか?

ネットセキュリティ会社に勤める『浦野善治』に、スマホの安全対策を設定してもらい安心していた麻美だったが、

その晩、何者かにアカウントを乗っ取られ、誰にも見られたくなかった写真がSNSにアップされてしまう。

時を同じくして、神奈川の人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかる。

神奈川県警捜査一課の警部補『毒島徹』は、殺人事件として捜査を開始。

事件を担当する巡査部長『加賀谷学』は、犯人が長い黒髪の女性ばかりを狙っていたことに気が付く。

スマホを拾ったのは誰だったのか。

連続殺人事件の真犯人はいったい誰なのか。

そして明らかになる『奪われた麻美の秘密』とは?

3者の物語が同時進行で進む中、次第に狂気に満ちた惨劇へと発展していく・・・

監督中田秀夫
出身日本・岡山県・浅口郡・金光町
生年月日1961年7月19日
経歴2003年『芸術選奨新人賞』『ラストシーン』

主な監督作品
1996年『女優霊』1997年『暗殺の街・極道捜査線』
1998年『ジョセフ・ロージー 四つの名を持つ男』『リング』1999年『リング2』
2000年『ガラスの脳』『サディスティック&マゾヒスティック』『カオス』
2002年『仄暗い水の底から』『ラストシーン』2005年『ザ・リング2』(ハリウッド版)
2007年『怪談』2008年『L change the WorLd』2009年『ハリウッド監督学入門』
2010年『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』『Chatroom/チャットルーム』
2012年『3.11後を生きる』2013年『クロユリ団地』
2014年『MONSTERZ』『Words with Gods「四苦八苦」』
2015年『劇場霊』2016年『ホワイトリリー』
2018年『終わった人』『スマホを落としただけなのに』2019年『貞子』
2020年『スマホを落としただけなのに2(仮題)』

監督『中田秀夫』コメント
『スマホを落としただけなのに』を大勢の方に楽しんでいただき、とても光栄に思います。
前作のラストでは、フィジカルにも心理的にも対決した千葉さん、成田さんですが、彼等には強固な共通点があり、どうしようもなく惹きつけ合う点もありました。
続編ではこの二人の「奇妙なタッグ」を軸に物語が展開します。
お二人に俳優としての個性と感覚をぶつけ合ってもらい、さらなる高みを目指したエンタテイメントを作り上げたいと思います。

Sponsored Links

『スマホを落としただけなのに2(仮題)』キャスト

加賀谷学『千葉雄大』

   

名前千葉雄大
出身日本・宮城県・多賀城市
生年月日1989年3月9日
経歴『第40回 日本アカデミー賞』新人俳優賞『殿、利息でござる!』

主な出演作品
2010年『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』
2011年『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕』
『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』
2012年『桜蘭高校ホスト部』
2014年『幕末高校生』『アオハライド』
2015年『Mr.マックスマン』『通学シリーズ 通学電車』『通学シリーズ 通学途中』
2016年『黒崎くんの言いなりになんてならない』『モヒカン故郷に帰る』
『殿、利息でござる!』『全員、片想い「あさはんのゆげ」』
2017年『Bros.マックスマン』『暗黒女子』『ReLIFE リライフ』
『帝一の國』『兄に愛されすぎて困ってます』『亜人』
2018年『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
『スマホを落としただけなのに』『走れ!T校バスケット部』
2019年『決算!忠臣蔵』2020年『スマホを落としただけなのに2(仮題)』

『千葉雄大』コメント
監督はじめスタッフの皆さんに、もう一度お会いできるのがすごく楽しみです。
1作目の感想は僕もたくさんいただいたので、続編が決まって嬉しく思っております。
この作品は、成田くん無しでは成立しないので、また共演できることも大変嬉しいです。
ありがたいことに1作目では顔が似ていると言われることが多かったのですが、2作目では一緒のシーンもたくさんあるので、お客様を混乱させないようにしたいと思います(笑)。
当たり前のことですが、やらせていただく限りは精一杯素敵な作品になるよう力を注ぎたいと思います。
この作品が伝えたいことは何なのか。
その軸をしっかり持ちつつ、加賀谷を演じたいです。
第1作目では、事件を追う刑事という役柄でしたが、今回はそのパーソナルな部分が深掘りされると思うので、第1作目を観てくださった方にも楽しんでいただける作品になれば、と思います。
もちろん観ていない方にも楽しんでいただける内容にもなっております(笑)。
といった感じで全方位全網羅して参りますので、よろしくお願い致します!

浦野善治『成田凌』

   

名前成田凌
出身日本・埼玉県
生年月日1993年11月22日
経歴『第42回 日本アカデミー賞』新人俳優賞
『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』

主な出演作品
2015年『飛べないコトリとメリーゴーランド』
2016年『残穢 -住んではいけない部屋-』『L -エル-』
2017年『キセキ -あの日のソビト-』『新宿スワンII』
2018年『ニワトリ★スター』『ラブ×ドック』
『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『ここは退屈迎えに来て』
『ビブリア古書堂の事件手帖』『スマホを落としただけなのに』
2019年『チワワちゃん』『翔んで埼玉』『愛がなんだ』『さよならくちびる』
2020年『窮鼠はチーズの夢を見る』『スマホを落としただけなのに2(仮題)』

『成田凌』コメント
2。わくわくします。
まさか、2を。そして、自分がそれに出るとは。
前作、全てを出し切った『スマホを落としただけなのに』を沢山の方にみていただいたという事でとても嬉しく思います。
また皆様にゾクゾクしてもらえるよう、チーム一丸となり良い作品を作れるよう頑張ります!

Sponsored Links

『スマホを落としただけなのに2』あらすじは囚われの殺人鬼のストーリー?※ネタバレありです

神奈川県警生活安全サイバー犯罪対策課『桐野良一』

恋人『松田美乃里』

彼女のスマホをハッキングし狙う『謎の男』

3つの視点から、物語が進行するのも前作と同様です!

原作『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』には『加賀谷学』は登場しません。

映画化の際は『桐野良一』を『加賀谷学』に置き換えられるのではないでしょうか!

セキュリティ会社から神奈川県警に転職、サイバー犯罪対策課に配属された『桐野良一』

警務部長『牧野』から、あるパソコンのハードディスクを渡されて『長谷川祥子』という女性に関する情報を、至急探して欲しいと指示を受けます。

パソコンの持ち主は、前作で逮捕された、偽名『浦野善治』本名『浦井光治』

『丹沢山中連続殺人事件』で、6人の女性を殺害したシリアルキラー。

桐野は、恋人『美乃里』の誕生日を祝うディナーをドタキャンする。

美乃里は、同じ会社に勤めていた頃はこうではなかったと落胆を隠せず、桐野から愛されていないのではと不安になる。

その時、美乃里に魔の手が忍び寄っていた。

謎の男は、ダミー『Wi-Fi』を作り、それを利用した美乃里のスマホの情報を全て自由に閲覧する。

さらに『バックドア』と呼ばれる裏口を作り、いつでもアクセスできるようにしていた。

翌日、桐野は長谷川祥子のデータを見つけられなかった事を牧野に報告。

ソフトを使って、データを削除した痕跡もなかった。

牧野は『松田署』の『毒島徹』刑事に会うよう桐野に指示。

毒島から、丹沢山中連続殺人事件の詳細を聞き出す。

浦井は、5人の女性の殺害を認めたが、長谷川祥子に関しては黙秘していた。

鑑識結果から、長谷川祥子は浦井の最初の犠牲者よりも、3~4年前に殺害された事が判明。

写真を見る限り、浦井が好む黒髪の女性でもなかった。

捜査が停滞する中で、浦井の考え方を1番理解できそうな桐野に対し、毒島は浦井に会ってみないかと提案する。

その頃、世間では『ビットマネー社』の『仮想通貨』『580億円』相当が流出、社会問題になっていた。

解決は難しいと思われていたが、謎の『ホワイトハッカー』『JK16』と名乗る人物が現れる。

JK16は、流出した仮想通貨に『マーキング』を施す。

この仮想通貨を分散し何度取引しても、出元が判明して、現金化は出来なくなる。

ネットでは、JK16の正体探しで盛り上がっていた。

3年程前に、ダークウェブ界で有名だった『カリスマクラッカー』『M』ではないかと思われていたが、Mは『ブラックハッカー』である為、仮想通貨を流出させた張本人ではないかとも言われていた。

桐野は、神奈川県警察本部に収監されている浦井と面会。

同じ業界で活動していた事もあり、浦井は、桐野の事を良く知っていた。

桐野は、浦井から情報を得ようとするが、警察が得た情報以外は話さなかった。

浦井と話すうちに、考えに共感を覚えるようになり、親近感と共に浦井の危険性を理解する。

そして、長谷川祥子のデータに関して浦井は言及する。

データがないのは、長谷川祥子を殺害していないからで、そんな女性の事は知らないと言う。

桐野は、更に追及するが、話す条件として桐野の個人的な事を話すように促す。

恋人、美乃里の事を話すと、浦井は口を開いた。

浦井の考えでは、長谷川祥子を殺害したのは、Mだと言う。

理由として、Mから丹沢山中に穴を掘って死体を埋める方法を教えて貰っていた。

更に浦井は言う。

Mが埋めたのは、長谷川祥子だけではないかもしれないと・・・

その後、丹沢で新たに男性2体の死体が見つかる。

死亡時期は、3~4年前で遺留品はなかった。

浦井は、殺害を否認。

警察も、殺害方法などから、浦井の犯行ではないと考えていた。

この2体と、長谷川祥子の殺害に関して、別に犯人がいると捜査を進める。

謎の男は、桐野と美乃里の調査を中断、JK16の素性を知る為に動いていた。

その一環として、ビットマネー社の情報を収集。

美乃里は、多忙な桐野に代わり、入院する母親のお見舞いに向かう。

そこで、桐野の父親は警察官で、ある事件で殉職した事が分かる。

警察の捜査は進み、2つの死体の1人が『吉見大輔』である事が判明。

当時、吉見大輔は、長谷川祥子と同じ会社に勤めて恋人関係にあった。

吉見のパソコンが届き、桐野は解析を始める。

吉見は、Mと接触しており、誘われた危ない仕事に手を染めていた。

最初は上手く行っていたが、やがて関係に亀裂が生じる。

Mは、恋人の長谷川祥子を人質に取るような事を吉見に伝える。

吉見のパソコンには、Mに遠隔操作された形跡があった。

この事により、2人の殺害がMによる犯行であるという可能性が高まる。

謎の男は、ビットマネー社のネットワークに侵入し、JK16に関する情報を収集。

JK16は、近いうちに警察に接触する予定で、その前にビットマネー社がJK16と接触しようとしていた事が分かる。

丹沢で、新たに1人の女性の死体が見つかる。

警察本庁に、身元不明だがMを名乗る人物からメールが届く。

そこには、JK16を殺害し、丹沢山中に捨てたと書かれていた。

警察は、Mを徹底的に追いかけると決定。

その為に、Mのことを1番知る浦井の協力が必要だと判断。

その交渉を、桐野は任せられる。

交渉に臨む桐野。

乗り気ではない浦井。

浦井はすでに死刑が決定しており、協力しても外に出られる訳ではなかった。

Mは、すでに死んでいるのだと言う浦井。

桐野は、浦井が話していない事があると判断し追及する。

浦井は、幾つかの条件を出し、飲んでくれるのなら捜査に協力すると話す。

最新のネット環境を整えて、鉄格子の中では仕事がはかどらないから会議室などを用意。

そして、桐野のとっておきの秘密を1つ教える。

桐野は、この件を持ち帰り、美乃里に相談し何かを決める。

浦井が脱獄しないよう監視を付けた上で、協力を要請する。

JK16が『神宮寺紗綾子』であると判明。

しかし、彼女のパソコンやスマホは犯人によって持ち去られていた。

桐野は、これまでの捜査状況を浦井に説明。

吉見に送られてきたメールは、Mの文章に似ており、吉見と長谷川祥子は、Mに殺害されたとみて間違いないと言う。

桐野が浦井に教える秘密については明かされないが、バレたら警察を首になる内容だと言う。

桐野は、何度も警視庁にハッキングして、何かを探していた。

1度だけバレてしまうが、おそらく追跡されていないと桐野は考えていた。

その後も桐野は、Mという人物について浦井から教えて貰う。

浦井はMをおびき出すために、ダークウェブにMの重要な秘密を掴んだと書き込み相手の動きを待つ。

するとMは動き出し、桐野ではなく美乃里に対して脅迫メールを送る。

桐野たちはあえてMを泳がせるために、美乃里のスマホを無防備にして、セキュリティが強化されたスマホを別に渡す。

ボディガードを付け、身辺警護も怠りなくした。

神宮寺を殺害した3人の外国人の顔写真を入手する。

しかし、彼らは金でMに雇われただけだった。

桐野たちは、Mをあぶり出す方法を考える。

桐野は、神奈川県警のホームページでブログを始め、美乃里にもブログを始めて貰う。

この2つを訪れたIPアドレスの中に、神宮寺のブログを訪れた者がいれば、それがMである可能性がある。

やがて4つのIPアドレスが浮かび上がる。

ビットマネー社、副社長『久保田』

桜田門の『警視庁』

桐野が勤務していたセキュリティ会社、社長『森岡』

『宮園直樹』という謎の人物。

桐野たちは、宮園が怪しいのではと考え、桐野のブログに罠となるリンクを貼る。

これを宮園が踏めば、自動的にウイルスに感染し、情報を得られる。

ビットマネー社の内部調査を、森岡と美乃里が担当していた。

調査の結果、犯人に通じている社員はいなかったが、宮園がビットマネー社のネットワークに侵入し、遠隔操作ウイルスを感染させていたことが判明。

謎の男が、桐野と美乃里のブログをチェックしていることが分かる。

桐野のブログに貼られているリンクを踏み、桐野たちの策略にはまっていた。

浦井の調査で、宮園の写真を入手。

Mに近づいて、解決までもう少しのはずだった。

しかし、Mによって神奈川県警のホームページが改ざん、マルウェアがばら撒かれてしまう。

神奈川県警全体のパソコンに波及し、金を払わなければデータを消去すると脅してきた。

美乃里の事を尾行する宮園に、ボディガードが気が付き、美乃里を置いて追跡する。

謎の男の正体が、宮園だと分かる。

美乃里たちに、自分の正体が知られていた事に疑問を覚えつつも、何とか逃げ切る。

桐野の母親がいる病室に侵入すると、寝ている隙をつき、スマホに遠隔操作ウイルスを仕込む。

警察は依然としてマルウェアの対応で困っていたが、森岡から連絡が入り、会社で開発した復元ツールが有効であることが判明。

窮地を脱したが、事態はそれだけでは終わらなかった。

今度は、誰かが県内の信号機をハッキングし、首都圏が大渋滞に陥ってしまう。

美乃里のスマホに、桐野の母親からメールが入る。

退院したものの気分が悪くなったので、迎えに来てほしいと頼まれる。

美乃里は、居場所を聞き、迎えに行く。

すると、親切な人の車の中で休んでいるとメールが入り、その車に合流。

中から出てきたのは、神宮寺を殺害した外国人たちで、美乃里は拘束され誘拐される。

桐野は、トラブルの対処に追われるが、浦井から指摘されて、自分のスマホが遠隔操作されている事を知る。

すると、送った覚えのないメールを美乃里に送っていたことが判明。

美乃里のスマホの位置情報から、高速道路を移動している事を確認。

桐野は、覆面パトカーで追跡する。

宮園も美乃里の乗る車を追っていた。

浦井が脱走したと連絡が入るが、対処する余裕はなく、桐野は美乃里の追跡に集中する。

美乃里を乗せた車が、サービスエリアにいる事を確認するが、位置情報が途切れてしまう。

万事休すと思われたその時、美乃里が勇気ある行動で男たちの隙をつき、クラクションを鳴らす。

その音に桐野は気が付き、銃を構えて犯人たちを威嚇。

男たちは美乃里を人質に取って、硬直状態に陥る。

すると、桐野は名前を呼ばれ、振り返ると銃を構える宮園がいた。

宮園は、迷わず引き金を引いた。

『関西国際空港』から出国しようとする『三田光雄』という男。

職員は、その男が脱走した連続殺人犯に似ていると思い、警戒しつつ指紋認識機にかける。

殺人犯であれば、指紋が登録されているはずだが、該当者なしで、男は出国した。

意識を失って3日目に、桐野が病院で目を覚ます。

美乃里が側にいて、桐野は意識を失う前のことを思い出す。

宮園の撃った弾が、犯人の1人に当たるが、その直前に握られていたナイフが桐野の腹部を刺していた。

桐野は、宮園がMだと思っていたが『警視庁公安部』『兵頭彰』という別人であることが判明。

そのまま桐野は、意識を失った。

美乃里から、兵頭の推理を教えて貰う。

ランサムウェア騒ぎ、信号機のクラッキング、美乃里の誘拐、

Mが仮想通貨をダークウェブで交換する為の陽動作戦だったのではないかと言う。

美乃里を誘拐した犯人たちについては、Mに雇われていただけだった。

そして、浦井は見つかっていない。

その時、病室に兵頭が訪れる。

公安警察のデータベースに潜入した件で、事情聴取しなければならないと伝える。

桐野のハッキングを見抜いたのは兵頭で、最初は美乃里のことを疑っていたのだと言う。

その後の調査で、恋人である桐野がサイバー担当の警察官で、更に父親がかつての上司だったことを知る。

桐野が調べたかったのは、父親が殉職した事件の真相についてだった。

兵頭は、一国の運命が左右される事件だから今は話せないと言い、いずれ話す事を約束。

桐野の犯した罪については、このまま警察に残る事で不問にすると条件を提示。

違法な方法で入手した証拠は、裁判では認められない為、裁判で勝てないと話す。

桐野は、条件を飲み、2人の持つMに関する情報をすり合わせる。

兵頭は、犯人が分かったと言い、病室を後にする。

今回の件で、美乃里を危険な目に合わせてしまった事を反省した桐野は、愛してると彼女への気持ちを口にした。

場面は『成田空港』

兵頭が出国審査ゲートで待っていると、森岡が現れる。

兵頭は、逮捕状を突き付ける。

吉見、長谷川祥子、神宮寺の殺害、580億円の仮想通貨をだまし取った罪。

警察のホームページを改ざん、ランサムウェアで攻撃した事も含まれていた。

森岡はこれを認め、数週間後、桐野は取調室で森岡と面会。

動機に付いて、森岡は資金繰りに苦労していた矢先、ビットマネー社の管理が甘いことを知り、不正に手を染めた。

その事を知った、神宮寺が邪魔で殺害する。

しかし、吉見と長谷川祥子の殺害は知らないと言う。

桐野は、美乃里の殺害未遂について理由を聞くと、愛していたと口にする。

しかし、相手は美乃里ではなく、桐野だった。

浦井の捜索過程で、桐野は浦井の指名手配写真が違っている事を知る。

指紋やDNA情報も全く関係ない人物に、書き換えられていた。

本来であれば特別な権限が必要だが、桐野が美乃里を追っている間に、桐野の権限を使ってデータにアクセスしていた。

しばらくして、浦井から電話が入る。

捕まったMは、吉見や長谷川祥子を殺害したMではないと断言。

浦井は、丹沢山中に自供した女性以外に、1人の男性の死体を埋めていた。

それが、本物のMだった。

浦井は、Mに正体を知られ殺されかけて、逆に殺害したと話す。

そして、吉見と長谷川祥子を殺害したのは、本物のM。

電話したのは、桐野のことを唯一の友達だと思っているからだと言い、電話が切れる。

その後、毒島が神奈川県西部に住んでいた天才少年の手がかりを掴む。

浦井の話から、この少年がMだと推測される。

少年の名前は『浦井光治』脱走した浦井と同姓同名。

浦井と呼ばれている男は、Mを殺害し、成りすましていた。

浦井には近親者がなく、2人は身長が近かった事などから、成りすましに誰も気が付く事が出来なかった。

桐野は、浦井と呼んでいた名前すら分からない男に電話をかけるが、出る事はなかった・・・

Sponsored Links

まとめ

映画『スマホを落としただけなのに2(仮題)』を、まとめてみました。

『2020年』公開予定です!

『MoviesFan』では、追加情報が分かり次第、随時掲載します。

主題歌は、誰になるのか? 楽しみですね!

発表されていないキャストは、誰が登場するのか? 楽しみですね!

情報化社会の恐怖を描くサイバー・サスペンス!

果たして結末は、原作通りになるのか!?

読んでいただき、ありがとうございました。



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)