31日間無料トライアル実施中!


『ザ・シークレットマン』フル無料動画を字幕吹き替えで視聴する方法!見逃した方はこちら!

映画『ザ・シークレットマン』は、日本語タイトルを聞くとよくあるアクション映画風ですが、原題は「Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House」(「マーク・フェルト:ホワイトハウスを打ちのめした男」)です。

つまり、当時FBI副長官を努めていたマーク・フェルトにまつわる物語です。

米国歴史上に残る政治スキャンダルのウォーターゲート事件に基づく、硬派なサスペンス映画に仕上がっています。

監督はジャーナリスト出身のピーター・ランデズマン、そして制作には巨匠リドリー・スコット。

リドリー・スコットの名前と物語の設定を聞くだけでも期待感が高まりますね。

2017年制作のアメリカ映画で、日本公開は2018年2月でした。

▽1ヶ月無料キャンペーン実施中▽

△1ヶ月以内の解約で料金は発生しません△

実話をもとにした作品ですので、ウォーターゲート事件についてあまり知らないと言う方はネット等でざっとおさらいしておくとより映画を楽しめると思います。

ウォーターゲート事件は、1972年、米国で大統領選挙戦の最中に発生した事件です。

当時政府野党だった民主党本部に、ある男たちが盗聴器を仕掛けたとして逮捕されました。

捜査が進み、犯人グループとホワイトハウスの関係が明らかになっていくにつれ、大統領をも巻き込んだ大スキャンダルに発展しました。

この作品では、当時「ディープ・スロート」と呼ばれた謎の内部告発者をめぐるミステリーが題材になっています。

それでは、『ザ・シークレットマン』を無料で見る方法や簡単なあらすじについて説明します。

※『ザ・シークレットマン』の配信情報は2018年9月12日現在のものとなりますので情報が変わっている可能性もあります。
詳細は各VOD公式サイトを確認ください。

Sponsored Links

デイリーモーションやパンドラで見るには?

『ザ・シークレットマン』をデイリーモーションやパンドラで見たい方のためにリンクを検索してみました。

今回はどちらのサイトでも検索結果に現れませんでした・・・。

どちらも見たい動画がアップロードされていたら視聴することができるサイトなのです。

しかしこちらのサイトでアップロードされている動画は一般的に違法アップロードされたものが多いです。

なので、色々なデメリットがあるのでご紹介したいと思います。

画質が悪い時がある

読み込みに時間がかかり、止まったりを繰り返す

削除要請でリンク先がいきなりなくなる

広告が多く表示される

コンピュータウィルスの感染の可能性

これらの危険性はありますが、見れるなら無料で見た方がいいと思うのでこちらの方法もいいと思います。

しかし安全に綺麗に見たい方は次の方法も考えて見てください。

Sponsored Links

『ザ・シークレットマン』を安全なVODサイトで視聴する方法は?

こちらの方法は確実に無料で視聴できる、かつ安全な方法です。

それはU-NEXTというビデオオンデマンドサイトで視聴するという方法です。

ビデオオンデマンドとはいろんな映画やテレビ番組、雑誌などを見放題もしくはサイト内の課金で見ることが出来るサービスです。

ちなみにU-NEXTは映画が特に強いVODサイトです。

なので『ザ・シークレットマン』もU-NEXTをおすすめします。

▽1ヶ月無料キャンペーン実施中▽

△1ヶ月以内の解約で料金は発生しません△

ただこれだけではちょっとU-NEXTを登録するのは不安ですよね。

そこでU-NEXTのメリットやデメリットを正直に解説しましたのでこちらを見て登録するか判断してください。

「ザ・シークレットマン」は2018年9月12日現在はまだ有料レンタル中ですが、初めて登録される方は特典としてポイントが貰えますので、それを利用すれば無料で視聴することも可能です。

登録方法についてはこちらに記載しています。

Sponsored Links

『ザ・シークレットマン』のあらすじは?

1972年のある日、5人の男が米国民主党本部に不法侵入した罪で逮捕されます。

取り調べの結果、彼らの目的が盗聴器の設置であったことが分かります。

当時FBIの副長官として捜査の指揮を取っていたマーク・フェルトは、事件の背後にホワイトハウスの存在を感じ取りますが、前任のフーヴァー長官の亡き後、後任として現れたのは大統領の息がかかったL・パトリック・グレイでした。

さらに、捜査を進めるに従い政府上層部から様々な圧力がかかり始めます。

それでも自らの信念に従い捜査を続けるフェルトは、事件の真相を明らかにするために、ついにある大きな決断をするのでした・・・。

あくまでFBIの独立性を保とうとするフェルト副長官と、捜査の中断を狙って圧力をかけてくるホワイトハウスの攻防が全編に緊迫感を生んでいます。

組織と信念の間で苦しむフェルトの姿には思わず共感してしまう人も多いのではないでしょうか。

また、フェルト副長官が単なる仕事の鬼ではなく、娘を想う優しい父親としても描かれていることで作品の深みも増しています。

▽1ヶ月無料キャンペーン実施中▽

△1ヶ月以内の解約で料金は発生しません△

Sponsored Links

『ザ・シークレットマン』のキャストは?

リーアム・ニーソン/マーク・フェルト役

主演のマーク・フェルトFBI副長官を演じているのは「シンドラーのリスト」のようなシリアスドラマから、「スター・ウォーズ」シリーズや「96時間」シリーズのようなアクションまで幅広くこなす、リーアム・ニーソンさんです。

今回は顔の表情もほとんど変えない、冷静なキャラクターを渋く演じています。

ダイアン・レイン/オードリー・フェルト役

フェルト副長官の奥さんを演じたのはダイアン・レインさん。オールドファンに取っては「リトル・ロマンス」の純粋な少女役や、「ストリート・オブ・ファイヤー」の歌姫役などが印象に残っているでしょう。

マートン・チョーカシュ/L・パトリック・グレイ役

物語の鍵となるFBI長官代理のL・パトリック・グレイを演じたのはマートン・チョーカシュさんです。

目立たない役が多いですが、「ロード・オブ・ザ・リング」、「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」、「アメイジング・スパイダーマン2」等の大作に出演している俳優さんです。

▽1ヶ月無料キャンペーン実施中▽

△1ヶ月以内の解約で料金は発生しません△

『ザ・シークレットマン』の評価・口コミはどうなの?

映画として面白かっただけでなく、いろんなことを考えるきっかけとなったという感想が多いようです。

フェルト副長官と立場は違えど、現代人は多かれ少なかれ身につまされる点も多い映画だと思います。

そんな意味で、日々の行動に対して勇気をもらえる作品だとも言えます。

▽1ヶ月無料キャンペーン実施中▽

△1ヶ月以内の解約で料金は発生しません△

まとめ

ここまで『ザ・シークレットマン』を、あらすじ、キャスト、評価・口コミ、などの観点から紹介してきました。

決してお気楽に見られる作品ではないかもしれませんが、その分いろんな刺激を得られると思います。

ウォーターゲート事件をおさらいして、政治や権力についていろいろと思いを馳せるのもよし、自分の生き方や仕事のやり方を考え直すのもよし。

この作品と併せて「大統領の陰謀」(1976年アメリカ作品)を見るのも理解を深めるには役に立つかもしれません。

そこで無料で見るならU-NEXTはおすすめです!

▽1ヶ月無料キャンペーン実施中▽

△1ヶ月以内の解約で料金は発生しません△

無料期間内にほかの作品も視聴してはどうでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)