31日間無料トライアル実施中!


『マイル22』ネタバレやあらすじは?タイトルの意味や日本公開日・特報予告動画も

ヒット作品を生み出してきた最強タッグの二人、
ピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグの名コンビの最新作「マイル22」。

すでに公開された全米では、観客動員数も好調のようです。

今回はこの「マイル22」のネタバレやあらすじ、
そしてそのタイトルの意味や日本公開日をなど、ご紹介していきます。

まずは特報予告動画をご紹介。

こちら英語版で、まだ日本公開版ではないのですが、
その迫力は十分に伝わってきますよ。

Sponsored Links

「マイル22」ってどんな映画?

世界を揺るがすような「危険な物質」が盗まれ、その行方を知る男リー・ノアー(イコ・ウワイス)がアメリカ大使館へやってきます。

彼の希望は物質の保管場所と引き換えに、海外へ逃亡すること。

リー・ノアーは重要参考人として保護されますが、
彼を抹殺しようと多くの武装勢力が送りこまれきます。

彼を国外に脱出させるためジェームズ・シルバ(マーク・ウォールバーグ)が率いる
CIAの機密特殊部隊は、インドネシアのアメリカ大使館から
空港まで護衛する究極のミッションに挑みます。

ネタバレ

リー・ノアーはインドネシア出身の男性、予告動画でもあるように、
一般人ではない、素晴らしい戦闘能力を持っています。

彼はインドネシアの特殊部隊出身なんですね。

ジェームズ・シルバはその能力の高さを理解し、リー・ノアーの話を聞くと
彼はインドネシア政府に家族を殺されたことから反感を持っていることを知ります。

インドネシアから国外へ逃亡したいと願うリー・ノアーを信じて、
ジェームズ・シルバは彼を飛行場へと連れて行くことを約束します。

その道行きには政府の部隊が市街地に関わらず、派手な抹殺作戦を遂行。

その映像は迫力満点で、走行中の車が爆破されたり、
逃げ込んだレストランにもブービートラップがあったりと、息がつけません!

また、同じチームにいるアリスも実は秘密を持っています。

アリスの行動もジェームズ・シルバやリー・ノアーに影響を与え、
保護して連行する中、信頼できるのかどうか疑問になってきますよ。

そして、ついにたどり着いた飛行場で、飛行機に乗り込んだ
ジェームズ・シルバ率いるチーム達を待ち受けたものとは、
予想を覆すような、大きな罠です!

リー・ノアーの正体はダブルスパイ、そう信じるアリスやジェームズ・シルバに
待っていたのはこの作戦を引き起こした、本当の黒幕の正体です。

誰の言うことを信じて行動をするのか、
伏線など感じ取る余裕のないまま迎えるラストは、
きっと見ている人に衝撃を与えることになりますよ。

そして、もしかすると次回作も期待してしまうかもしれません。

タイトルの意味は?

「マイル22」は34.5kmのことです。

これはインドネシアのアメリカ大使館から、海外へと飛び立つ飛行場までの距離を示しています。

この22マイルが、生死をわける戦場となり、派手なカーアクションや爆発シーンが続く距離になっています。

スタートからゴールまで、そしてゴールしてからの戦闘と、本当に長い長い22マイルです。

こういう何かを守りながらすすむ映画ってアメリカは結構作品として製作することが多いですよね。

その中での災難を避けつつ、人間のあり方や助け合いの心などを問うような映画になるかもしれません。

先日私は「2012」をU-NEXTで久々に見ましたが、これも大切なものを守りつつすすんでいく映画といっても過言ではないですね。

Sponsored Links

日本公開日は?

全米ではすでに公開中の「マイル22」ですが、
日本公開日は2019年1月、と発表されています。

詳細まではまだ公開されていませんが、年明けになってしまうのは決まっていますね。

Sponsored Links

まとめ

https://twitter.com/IMDb/status/1029112107843940352

今作はピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグのタッグが話題になっていますが、
公開されて見ると、注目を集めているのはリー・ノアー役のイコ・ウワイスのアクションでした。

予告動画でも公開されいますが、診察室でのアクションはまさに圧巻!

SNSにその裏話的な動画が上がっていました。

リポーターが挑戦していますね。

練習風景のような感じですが、それでもそのキレのあるアクションはすごい!

アメリカでは白人ばかりの映画に批判が集まり、
現在もアジア系だけの作品や、黒人主演の作品などが評価されていますが、
今作が人気を読んでいるのも、イコ・ウワイスの演技があったからかもしれませんね。

それでもマーク・ウォールバーグのアクションも見どころですし、
どんでん返しが予想されるストーリーにも注目したい今作。

2019年代表するアクション映画になるかもしれませんよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)